FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011Xmas前菜 2011XMASチキン ハート型ナプキン 白菜のグラタン

 少し前の2011年のクリスマスの食卓と今年、2012年1月の食卓からです。
2011年のクリスマスは家族3人のみでしたので、チキンは丸焼きでなく、昔懐かしい、骨付きモモ肉にリボンというスタイルにしました。ローストビーフでもないのに、クレソンとラディッシュの付け合せははおかしいかしら?チキンの向きはこれでよいのかわかりません。なんか変なので、お皿に置く方向が間違っているかもね。例によって疲れていたので、前菜はごく簡単に、シュリンプカクテルとチーズ、野菜スティックにはマスカルポーネチーズととびっこを混ぜたものをディップに。
 花柄のテーブルクロスの食卓は今年に入ってからよく登場しています。なんとなく、レトロな気分なのでしばらく使っていなかったこのテーブルクロスを出してみました。なんと、20年以上使っています。
 キャンドルにはペアシェイプのスタンドを。ハート型のナプキンの折り方は佐藤よし子さんという方の著書に紹介があったもの。この方法、気に入ってます。この日はすね肉の赤ワイン煮込みを食しました。
 同じテーブルクロスの別の写真は昨日、雪が降った夜のもの。外に買物に行く気がせず、冷蔵庫にあった残り物の白菜や買い置きの缶詰のホワイトソース、チーズを使って白菜のグラタンにしました。
 暖かみがある感じでしょ?
スポンサーサイト
 本日は、歯科医療従事者向けの内容です。 
これは、ぜひ、歯科の研究分野で、統計を取るべきトピックだと思うのです。

 全体的にどうだったかというのは、もちろん、統計を取ってみないとわからないと思いますが、私の経験では、大震災直後は、初めて当院を受診される方の受診の理由として、古い詰め物が取れたとか、歯の土台がはずれたとかとかが、通常より多いように思いました。大震災後、しばらくたってから、次に観察されたのが、歯周病の悪化。

 私の勝手な推論ですが、直後は、大きなストレスで、歯を喰いしばったり、歯軋りがひどくなったことが原因のひとつではと・・・。 そして、その後の継続的なストレスにより、免疫力が弱まって、歯周病の悪化につながったのではと・・・。中等度までの歯周病であれば、適切な治療とケア、そして患者さんの努力によって、劇的に改善することが多いのです。

 昨年の暮れにかけて、歯周病の治療が増えましたが、皆さん、どんどん良くなってくださるので、歯科医師としてはうれしく、そしてホッとしております!
 昨年、夏ごろから、我が家はテレビを見ないことにしました。テレビはそのしばらく前に廃棄し、パソコンで必要なときに見ていましたが、それもまったくなしに・・・。そして、なんと、新聞まで取るのをやめてしまいました。

 その結果、何か困るか? まったく困りません。ニュースはスマートフォンやパソコンでアバウトにチェックできますし・・・。何か、特定のトピックの内容について深く知りたければ、書籍のほうが面白いですし。

 夕食のテーブルでは家族の会話が増えました。就寝前の読書の時間もたっぷり取れるし、タブレット端末でもe-learningでアメリカの最新審美歯科治療について、勉強することが出来ます。昨年、いくつか、購入した、アメリカの歯科の書籍(歯科の本て、とても高いし、重いのですよ、これが!)も、今年こそは制覇したいです。

 整理整頓はものだけでもなく、生き方についても必要かと思います。まめにいろいろなものを捨てていくことで、本当にしたいこと、するべきことに集中できます。

 さあ、今年は頑張らなくちゃ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。