FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科医療雑感 No.3 

 昨日は、母校の東京医科歯科大学の同窓会主催の研修、「歯根破折の救い方 防ぎ方」に参加してきました。

素晴らしい講演でした。象牙質への接着は新しいステージに入りつつあるようです。根管内象牙質への接着。

早速、わたしの日々の診療のために、参考といたします。


 ところで、研修のテーマではないのですが、ある国立大学法人の附属病院の歯の再移植は自費とのことですが(ここまでは正しい)、その際の自費診療費の設定額にびっくりです。人件費と材料費などのみに基づき、16,000円ですって。ケタが違うのでは? 経費をカバーするには、少なくとも16万円が相当でしょうね。 病院運営のための固定費がまったく考慮されていないのにびっくりしました。 固定の経費が相当大きいと思われるのに。 


 このようなプライシングの誤りによって日本の歯科医療は崩壊してきたといっても過言ではありません。保険診療報酬の設定にも影響することでしょう。大学病院関係者はよく考えて欲しいと思いました。厚生労働省に「算数」のできる人はいないのでしょうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。